合わせやすいパンプスは何色?グレーやベージュ?年中使える素材やヒール&コーデ、ブランド2018年版

大人女性なら一足は欲しい「何にでも合わせやすいパンプス」。

朝、全身バッチリコーディネートをして、鏡でチェックしてOK!
で、玄関で靴を合わせてみたらなんかイマイチ…!!悔しいー!!

ってことありませんか?

私はもちろんあります笑

その原因はの場合も多々あるのですが、色はOKでもパンプスの素材感が季節に合わなかったり、コーデに合わなかったりということもあります。

というわけでイメージコンサルタントがご紹介する、
「何にでも合わせやすい鉄板パンプス」をご紹介しますね!

2018年バージョンではありますが、基本的に「一年中使える」「流行関係ない」
ものを選んでますので、読んでおいて損はないかもですね♪

何にでも合わせやすいパンプスの色、検証!

https://www.abcloset.com/

まず「何にでも合わせやすい」の定義って何でしょう??

ここでは「パンプスを履くであろうシーンで」というのを想定しています。
すごく当たり前のこと言っちゃってますが(笑)

つまり、明らかにスニーカーを履かないとおかしいようなアウトドアファッションなどは除外します。

そして、デニムにヒールパンプスを合わせるような
「キレイ目カジュアル」は、パンプスを合わせるという範疇に入るので、

「オフィスでも普段使いでも、キレイ目カジュアルでも使える」

という意味でご紹介したいと思います。

逆に冠婚葬祭の礼服を着るような場面はもちろん除外、ですね。

イチオシカラーは「グレーに近いベージュ」

http://zozo.jp/shop/blisspoint/

一番どんな服にも合わせやすく、なじみの良いカラーはグレーがかったベージュ。

「グレージュ」と呼ばれたりしますね。

これは「合わせやすいバッグ」の時と近い理由になります。
合わせやすいのは何色のバッグ?どのブランドがおすすめ?骨格診断&テイスト別選び方

ちなみにシューズは黒を選んでしまう、締め色のダークカラーを選んでしまいがちという方は、こう言った薄い色のシューズに抵抗を感じてしまうこともあるかもしれません。

でもぜひ、グレージュもしくはベージュのパンプスを試着してみてください!

意外となじむのでハマるかもしれません。

グレーも使いやすいです!

ベージュと同様、グレーも鋭すぎずに使いやすいカラーです。

ただパンプスにグレーを持ってくると、足元の印象がぼやけて締まらない雰囲気になってしまう恐れもあるので、グレーの色味選びが非常に大事だと思います。

http://zozo.jp/shop/thefriday/

こちら写真だと少しブラウンに見えますが、表記がグレーです。

このような濃いめのグレーにすると締め色としても使えますし、ブラックよりも優しい印象になるのでどんなファッションにも合わせやすくなります。

逆にかなり白っぽい、ベージュに近いグレーもおすすめです。ベージュのように使えます。
同じ「白っぽい」でも暖色系がいいですね。

http://zozo.jp/shop/thefriday/

意外と合わせやすいメタリックカラー

「シルバーやゴールド、こんなの難しくない?!」

と思われる可能性がありますが、意外と使いやすいのが落ち着いたメタリックカラー。

スーツなどにはちょっと向きませんが、
あまり光った感じの強くない落ち着いたものを選ぶと、
キレイめファッションはもちろん、デニムに合わせるととてもオシャレ感が高まります。

http://zozo.jp/shop/sesto/

個人的「合わせやすい」常備カラーはレッド

レッドのパンプスは個人的に重宝しています!

例えば服に色物が多い場合や、原色を着たりする方の場合はちょっと使いづらいかもしれませんが、

私のようにデニムカジュアルが多かったりする方はレッドも使えると思います。

http://zozo.jp/shop/outletshoes/

合わせやすいパンプスの素材は?

程よいツヤ感のスムースレザーがイチオシ

http://zozo.jp/shop/odetteeodile/

先ほどおすすめしたカラー、ベージュやグレーなどのパンプスだとけっこうスウェードやエナメル(パテントレザー)などがとても多いのですが、

上記の写真のようにツヤがほどほどの普通のレザーで持っておくと、一番無難に合わせやすいので重宝します!

もちろんスウェードやエナメル素材も、色さえ押さえておけば合わせやすいパンプスになるんですが、

スエードはちょっと季節を選ぶかなーと思います。

またエナメル(パテントレザー)素材は、
普通の革素材のパンプスよりも硬いので、足が痛くなってしまう可能性が上がります。。

そうすると合わせやすくても履くのが辛い…なんてことになりかねません。

続けて次ページではオススメのヒールタイプと、大人女性にオススメのブランドをご紹介しますね!