合わせやすいバッグの選び方ポイントはこれ!骨格診断別・どんなコーデにも似合うバッグ

どんなコーデにも合わせやすい。万能バッグが欲しい!

いつもバッグ選びまで考えておらず、出掛ける前にバッグが合わなくて慌ててクローゼットをあさる…

なんて悩み、きっとどなたでも一度は体験したことがあると思います。

というわけで前回記事にて、オールシーズン使いやすい『バッグの色』『形・素材』をご紹介しました。

合わせやすいのは何色のバッグ?オールシーズン使える!骨格診断&テイスト別選び方

さて、万能バッグのカラーと形、素材を選んだところなのですが、

これだけだとたぶん、実際に持ってみたときにしっくりこない場合があります。

これはなぜか??

今回は『合わせやすいバッグ』の決定版!をどうやって選ぶか?

イメージコンサルタント目線から解説していきますね♪

似合うバッグの形、素材って骨格診断で分かるの??

「骨格診断って、お洋服の似合うものが分かる診断なんじゃないの??」

と思われがちなのですが、そんなことはありません。

お洋服だけでなく、バッグや靴、髪型、アクセサリー…

身に付けるもの全て、似合うものが分かっちゃいます。

というわけで、骨格タイプ別『似合うバッグ』をご紹介しますね!

それにはまず骨格診断から…なのですが、今回ご紹介する診断は、あくまで簡易的な自己診断となります。

自己診断はけっこう難しく、誤診も多くなりがち。

なので、気になる方は是非、ちゃんとプロの診断を受けてみて下さいね!

骨格診断タイプ、簡易診断方法

上半身、下半身それぞれ見て行きましょう。

※ただ、自己診断の場合、別のタイプの方と比べないと分かりづらいことも多々あります

◆上半身⇒肩幅が狭く、筋肉質。胸板が厚め。

◇下半身⇒ヒザの骨の上、下に筋肉がついている。足が小さめ。ヒップ位置が高め。

ストレートタイプ

◆上半身⇒肩幅普通。筋肉が付きにくい。骨もあまり出ていない。皮膚が柔らかい。

◇下半身⇒ヒザ骨周りに筋肉がつかない。骨感もあまりない。洋ナシ体系。

ウェーブタイプ

◆上半身⇒肩幅広め。肩の骨、鎖骨などが出ていて目立つ。手首の骨も目立つ。手足長い。

◇下半身⇒腰骨が張っている。ヒザの骨も出ている。肉感はあまりない。

ナチュラルタイプ

さて、以上の3タイプを踏まえて、早速『似合うバッグ』の解説をしていきます。

『あなただけに似合うバッグ』を次のページで徹底解説!